新しいアイデアの創出に向けたワーケーション後編|水上村視察ツアーによる企業誘致施策【Vol.8】

九州は熊本の県南部に位置する人吉球磨の水上村。

最上川、富士川と並ぶ日本最大急流の一つ球磨川の水源がある村です。

水上村のシンボル的存在、標高1721mの市房山には、樹齢1000年といわれる巨大な市房杉が点在し、訪れる人々の心を癒やしてくれます。

そんな大自然に囲まれた水上村では、今や人口減少という大きな問題に直面しています。

その問題を解決するべく、移住・定住をはじめ、若者の雇用創出など、新たな人の流れを生み出し、「水上村で企業誘致を実現させる」という大きなプロジェクトが動き出しました。

今回は、このプロジェクトの一環として本格始動した「水上村のワーケーション」の様子を紹介します。

セガサミーホールディングス株式会社がワーケーションを体験

ワーケーションを通して、水上村で働き、暮らすことを体験できる「お試しサテライトオフィス」。2022年6月に2泊3日で参加したのは、「セガサミーホールディングス株式会社」の笠井敬博さん、髙橋哲也さん、可部良平さんの皆さんです。

前半に行われた水上村のコワーキングスペース石倉交流施設の利用体験や水上村視察ツアー、その他の企業のワーケーションの様子は以下からご覧いただけます。

【リンク】

新しいアイデアの創出に向けたワーケーション前編|水上村視察ツアーによる企業誘致施策【Vol.7】|熊本県水上村公式note Feel MIZUKAMIMURA

地元住民との交流深める新たな試み

今回、「お試しサテライトオフィス」で初めて企画されたのが、参加企業であるセガサミーホールディングスによる水上中学校での特別講演です。

同社が都内中学生向けに職業講話を実施していたことや、水上村がICT教育に力を入れていることから着想されました。

地元住民との交流を深めることで、参加企業に水上村へ「また来たい」と思っていただける関係性や機会の創出が目的の一つです。

また山間部にある水上中学校にとっては、大手企業の人々の話を直接聞くことができる貴重な機会。

キャリア教育の一環として積極的に実施されることになり、中学生からも事前に

「ゲームを作るとき、どんな思いを込めていますか」

「新しいゲームを作る場合、どのようにしてアイデアを出していますか」

「休日出勤や残業手当はありますか」

など、A4用紙にびっしりと並んだ質問事項が届き、職業講話に対する期待の高さがうかがえます。

お試しサテライトオフィス3日目。髙橋哲也さんは水上村のコワーキングスペース石倉交流施設で、プロジェクターに資料を投影し、翌日の水上中学校での特別講座に向けて入念な準備を進めていました。

講義の最後に流す予定の動画では、同社のサービスを通してとびきりの笑顔を見せるファンの表情が次々に映し出されます。多くの人々に夢を与える仕事なのだと改めて実感できる動画に、筆者が感動したのはもちろんのこと、予行練習を見学していた同社の笠井さんまでもが感極まって涙する場面も。

仕事に対する情熱と誇りを垣間見ることができ、翌日の中学生の反応にますます期待が高まります。

 

水上中学校での特別講座を通し、お仕事紹介

いよいよセガサミーホールディングス株式会社が水上村の水上中学校で特別講座を行う日がやって来ました。

この日の6月23日はなんと、同社の代表的なキャラクター、ソニックの誕生日。

そんな記念すべき日に、水上中学校の全校生徒57人と15人の先生たちが同社の3人を迎え入れました。

髙橋さんは、ゲームセンターの店員から本社でプロモーションの仕事やイベント司会業などさまざま分野で経験を積んだ自身の足跡を紹介。

「仕事を通して、セガの大ファンだったマイケルジャクソンに2回会ったことがあるんですよ」の声に、先生たちからも歓声が上がっていました。

 

髙橋さんは、ゲーム業界がプロデューサーやディレクターなど、多くのスタッフの連携で成り立っていることや、「Be a Game Changer~革新者たれ~」をビジョンに掲げる同社で求められる人材について、「エンタテインメントに対する情熱がある人」「変化を楽しめる人」など例を挙げて具体的に紹介。

また「自由な雰囲気の会社と思われることが多く、実際に当てはまる部分もありますが、自由には結果と責任が伴うんですよ」と話す髙橋さんに、うなずく生徒や先生の姿も多く見られました。

 

「ゲーム業界は感動の宝庫です。お客様の笑顔にあふれています。そんな業界に少しでも興味をお持ちいただけたら、ぜひチャレンジをしてください」と髙橋さんが締めくくると、会場は大きな拍手で包まれました。

参加した中学生からは

「お仕事されている皆さんが本当に楽しそうでした。人を感動させる仕事はとてもかっこよく、やりがいがあると思いました」

「ゲームはたくさんの人を笑顔にさせる力を持っていると改めて感じました」

「ゲーム開発をするためには多くの人々が関わり、ユーザーに届けているということを初めて知りました。僕もゲームが好きなので、実際に働いてみたいです」

などの感想が寄せられ、ゲーム業界で働くことはもちろん、同社のエンタテイメントを提供する事業への関心が高まった様子がうかがえました。

 

水上村の魅力たっぷりのみずかみのワーケーションを利用してみて

3泊4日のお試しサテライトオフィスを終え、「今回参加した3人は、これまで1年数カ月伴走してきた仲間でしたが、まだ知らなかった一面を知る機会となりました」と笠井さん。

さらに「水上村役場を後にするとき、どうしようもなくさみしい気持ちに駆られました」と振り返ります。

 

訪れる人々の心を和ませる水上村。

皆さんも都会の喧騒から離れて、役場全面協力の「みずかみのワーケーション(お試しサテライトオフィス)」を体験してみませんか。

インターネット環境が整備された大自然の中でリモートワークや社員ミーティングを行える、またとない機会です。

詳しい応募方法やツアー概要は「みずかみのワーケーション公式サイト」へ。

四季折々の自然や温かな人々触れれば、あなたも水上村に魅了されること間違いなし。

皆さんのお越しを、心からお待ちしております!

back top